FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
深みへ漕ぎ出して
2013 / 11 / 08 ( Fri )
名駅を出た列車が地下を抜けると、車内へ西日が差し込んでくる。
窓側の客が一斉に立ち上がり、これは堪らんとばかりにブラインドを下へと引っ張る。

しばらくすると、強い西日は優しい夕陽へと変わっていく。
この時期、三重へ向かう列車からは、息を呑むような美しい夕陽が望める。
鈴鹿から青山へと続く山並みの合間に、絵に描いたような丸い陽が沈んでしまうと、
空は急激に暗くなり、長い夜が始まっていく。


秋。
そして後期初の三○大訪問。


今日の聖研は、ルカ5:1-11。これまで何度も聖研してきた箇所である。

深みへ漕ぎ出して。
この言葉、印象深くていつも目が留まる。


今日の聖研は、Mさん、R君、そして僕の3人と、必ずしも多くはなかったが、
活発に意見交換も出来て、とても楽しかった。


シモン・ペテロは、なぜ再び網を入れる気になったのか。
シモン・ペテロは、なぜ自分を罪深い人間だと感じたのか。
シモン・ペテロは、なぜイエスに従っていったのか。


この箇所の疑問は尽きない。

一生懸命考えながら、あーだこーだと言いたい放題言っているうちに、
次第に核心へと近づいて行くこともある。


何度やっても面白い箇所だ。

そして、
やっぱり、みんなが言いたいことをちゃんと言い合える聖研はいいね。

今日の聖研
09 : 14 : 53 | 吉澤慎也 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。